脱!初心者!よしかずのFamily Camp Life

キャンプ大好きよしかずが、初心者ファミリーのためにオススメのキャンプ情報をお伝えするブログ

おすすめ情報

実は不要?使わない、いらないキャンプ道具!

投稿日:2018年2月5日 更新日:

ネットやアウトドアショップでは、
おしゃれで便利なキャンプ道具や魅力的な売り文句の広告など、
我々の物欲を掻き立てるものがいっぱい並んでいますよね。

特にキャンプをはじめて間もない方は、
あれもこれもとついつい買ってしまうことが多いと思います。

でも、ちょっと待ってください。

 

そのキャンプ道具、本当に必要ですか?

 

目先の物欲や先入観にとらわれると、
買った後で後悔することもあります。

キャンプの先輩達は、それでみんな痛い目にあってきました(笑)。
今日は、便利そう必要そうだけど、
実はいらないキャンプ道具をまとめてみました。

逆に必須のアイテムはこちらです。

 

 

ツーバーナー

 

はっきり言って、4人家族くらいのファミリーキャンプであれば
全く必要ないです。

ツーバーナーは

・重い

・かさばる

・高い

のマイナス要素三拍子が全て揃っています。

 

車の積載のことも考えなければいけないですし、
専用のキッチンテーブルも必要になります。
おまけに後片付けや掃除も大変。。。

すでに持っている方には申し訳ないですが、
ファミリーキャンプなら家庭用のガスコンロ1台でも十分!

よしかず家ではイワタニのカセットフー マーベラスを愛用しています。
おしゃれでコンパクトで言うことなしです。

 

 

 

ツーバーナーが役に立つのはこんなキャンパーさん。

・キャンプはほとんどグループキャンプ…
人数が多ければツーバーナーの真価も発揮されます。

・車が大きく積載量も十分…
かさばりますので、容量の大きい車が必要。

・キャンプの料理にこだわりたい…
2口あるので品数が多い場合は便利。

・見栄えにこだわりたい…
シングルバーナーやカセットコンロよりインスタ映えはする。かな?

 

とこんな感じ。

 

 

ビギナーのキャンパーさんは、
これから買い足さなければならない道具もあるので、
少なくとも最初のうちはツーバーナーの購入は見送るのがベターです。

 

 

バーベキューコンロ

「えっ!?キャンプなのにバーベキューコンロいらないの?」
って思いました?そう、意外といらないんです。

実際、よしかず家ではクローゼットの上に置きっぱなし(汗)

狭い我が家を少なからず圧迫しています。

 

なぜ不要かというと、
最大の理由はファイアグリルで代用できるから。
要するに焚き火台のことですね。

よしかずは、キャンプで焚き火をするのが大好きなのですが、
オートキャンプ場では直火禁止のところも多いです。

すると、焚き火台がマストで必要となるわけですが、
この焚き火台で実はバーベキューできちゃうんです。

だから、わざわざバーベキュー用のコンロを持っていく必要がないんです。

よしかず家では、ユニフレームのファイアグリルを愛用しています。

 

 

 

また他の理由として、子供は意外とバーベキュー食べないです。
焼いてる間に他のもの食べて、
お腹が満たされてしまうパターンがよしかず家では多いです。

さらにバーベキューは焼き手が孤独。。。主によしかずですが(笑)

 

焼いてテーブルにおいて、
また焼いて。。。
自分が食べる頃にはすっかり冷めてて。。。

てなことも多いです。

 

だから、大人がちょっと食べるくらいなら、ファイアグリルで代用して、
美味しい食材を自分のために焼いてその場で食べるのが一番です。

バーベキューコンロが役に立つのはこんなキャンパーさん。

・キャンプはほとんどグループキャンプ…
人数が多ければバーベキューコンロがあった方が便利。

・とにかくバーベキューが大好き…
頻度が高ければ買ってもOKでしょう。

 

 

エアベッド

これはよしかず家の失敗談もあってお蔵入りが確定したアイテム。

 

一見便利そうと思いきや、膨らませるのに時間がかかったり、
柔らかすぎて寝心地が悪かったり。特にお子さんには注意が必要です。

「これで寝床のアイテムを1つに済ませちゃおう!」
って安易に考えると危ないです。

 

よしかずのオススメはやはり王道の、
グランドシート→インナーマット→マット→寝袋です。

どうしても眠れないという方は、コットという手もあります。

 

 

エアベッドが役に立つのはこんなキャンパーさん。

・熟睡できる、寝心地が良い…
とにかく問題なくねれる方ならOK。

最近のエアベッドは改良されて使い勝手が良いかもしれませんが、
よほど体に合うか、高価なものしかオススメできません。

 

 

ランタンスタンド(3本足)

3本足で立つランタンスタンドは意外と危険がいっぱいです。
狭いサイトだと3本足だけにスペースもとるし、
なにより足を引っ掛けたりすると、スタンドごと倒れてランタンが壊れたり。

キャンプの夜にランタンがつかないと致命的です。

 

代わりにランタン用のハンガーがオススメです。

テントやタープを固定するためのポールに引っかければ、
そこがランタン置き場に早変わりします。

しっかり固定できるし、持ち運びも簡単。

 

「でも、少し離れたところに置いた方が虫避けにもなるし。。。」
という方は、snow peakのパイルドライバーがオススメ。

なんと土に差し込んで固定するというなんとも潔いキャンプ道具!
まさに漢のキャンプ道具です。

1本足で固定できるので引っ掛ける事もなくオススメです。

 

 

というわけで、よしかず的キャンプでいらない道具をあげてみました。

「いらない」「不要」とはっきり書いてしまいましたが、
それはあくまでもよしかずの持論です。

大事なことは、自分のキャンプスタイルをしっかりみつめ、
本当にそのアイテムが必要かどうかをイメージすることです。

自分たちがキャンプをする季節はいつなのか。
誰と行くのか。
どんなことをするのかで、当然必要なものも変わってきます。

よく言いますがキャンプ道具はいずれも高価です。
なるべく、後で後悔しない買い物をするようにしてください。

 

と、偉そうに力説してしまいましたが、
ついつい色々欲しくなってしまうのもキャンプ道具の魅力。

もし、いらなくなったキャンプ道具があっても、
不要なら売ってしまえばOKです!

 

では、キャンプ道具専門の買取業社さんを紹介しています。
思わぬ高額査定も夢ではないので、ぜひ活用してみてください。

 

 







-おすすめ情報


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプでのマル秘快眠テクニック  〜設営編〜

「キャンプをはじめてみたけど夜に眠れない」 と言った悩みはよく耳にします。 人間そうでなくても環境が変わると眠れないものです。 慣れないキャンプ場での睡眠となるとなかなか寝付けなくて困る、 という人は …

キャンプでのマル秘快眠テクニック 〜道具編〜

さて前回の「キャンプでのマル秘快眠テクニック 〜設営編〜」で キチンとした場所が選べたら、次は道具編です。 キャンプの寝具って寝袋があればOKと思っていませんか? であれば、大きな勘違いです。 快眠を …

キャンプ道具は安く賢くオシャレに!〜100円ショップ編〜

よしかず家では週末になるとぶらっと、 キャンプ道具を見に行くことが多いです。 特に欲しいものがあって出かけるわけではないですが、 ついつい寄り道してぶらぶらと物色をはじめてしまうんです。 それが結構楽 …

キャンプのベストシーズンは?秋キャンプの魅力。

「キャンプ」と言えば「夏」! というイメージの人も多いと思います。 確かにそのイメージはあります。それに夏のキャンプも楽しいものです。 でも、キャンプのベストシーズンは秋だとよしかずは思っています。 …

ふるさと納税でキャンプ道具をお得にゲット!

「ふるさと納税」はみなさんすでに知っていますよね。 すっかりお馴染みになったアレです。 特定の地域にお金を寄付することで、 その土地ならではの返礼品をもらえ、 しかも税金の控除にもなる制度です。 詳し …