脱!初心者!よしかずのFamily Camp Life

キャンプ大好きよしかずが、初心者ファミリーのためにオススメのキャンプ情報をお伝えするブログ

失敗談

エアーベッドで乗り物酔い?寝る時は要注意!

投稿日:2017年9月27日 更新日:

エアーベッドは膨らませれば、あっという間に寝床にかわり、
畳めばコンパクトに収納できる、
キャンプにももってこいのアイテムです。

利用している方も多いと思いますが、
よしかず家ではある事件をキッカケに、
以後エアーベッドは使わなくなりました。

今日はそんな事件をもとにした
「キャンプでの失敗談」をお伝えしたいと思います。

 

エアーベッドとは

最初にエアーベッドについて簡単に。
まぁ説明するまでもなく皆さんご存知だと思いますが。

まず、形状はこんなのです。

 

文字通り空気で膨らませてクッション性を得るベッドです。
サイズはシングルからダブルまであり、
大きいものなら大人が二人で寝れる広さがあります。

ベッドの側面にバルブがついていて、ここから空気を入れるのですが、
かなりの大きさなので自動空気入れがセットで必要になります。

空気を抜けばコンパクトに折りたたむことが可能なので、
収納にも優れています。

よしかず家でもキャンプをはじめるずっと前に購入していました。
理由は忘れましたが、ドンキホーテで安く売っていたので、
来客用とかに買ったのかもしれません。

 

エアーベッドで乗り物酔い?

よしかず家が本格的にテントやタープを揃えて、
はじめて行ったキャンプの時にこのエアーベッドを使いました。

当時は、寝袋マットなど持っていなかったので、
これが役に立つと思ったのです。

寝袋マットについては
キャンプでのマル秘快眠テクニック 〜道具編〜
をご覧ください。

セットでついていた自動の空気入れで空気をパンパンに入れ、
上にシーツをかけ、よしかず奥さんと子供達をそこに寝かしました。

子供たちははじめてのエアーベッドにはしゃいでいましたが、
そのうちに眠りにつきました。

事件は次の日の朝です。

我々夫婦が先に起きて、外で朝食の準備をしていると、
当時小学校1年生の息子が青い顔をして起きてきました。

そう思った瞬間、嘔吐したのです。

驚いた我々が尋ねると
「体がフワフワして気持ち悪い」と言いました。

念のため、頭痛や熱はないか聞いてみましたが、
気持ち悪いだけだと言います。

食欲もないとのことだったので、しばらくイスで休ませていました。
すると時間と共に顔色も良くなり、
本人も元気になって「もう大丈夫」と動き回るようになりました。

どうやらエアーベッドで酔ったようなのです。

エアーベッドは柔らかい寝心地を得られるのがメリットなのですが、
よしかず家の息子にはその柔らかさが逆に合わなかったようです。

息子は寝相が悪いので動く度に揺れて、
乗り物酔いのような感じになったのでしょう。

その時ははじめてのキャンプということもあったので、
大事をとって早めに撤収することにしました。

以来、よしかず家ではエアーベッドではなく、
寝袋マットの上に寝袋を敷いて寝るようになりました。

 

エアーベッドを否定するわけではないですが、
体質的に合う合わないがあると思います。

特に乗り物酔いしやすい人や小さい子供は注意が必要です。

当然ですが、キャンプは家とは大きく環境が違います。
今回のケースに関わらず、お子さんの様子や体調には、
よく気をつけるようにしてあげてください。







-失敗談


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

辛い!痛い!怖い!子連れキャンプはブヨに注意!〜虫対策まとめ〜

よしかずの過去のキャンプの中で一番辛かった出来事は、 家族全員がブヨにやられたことです。 この時はまだキャンプレベルも未熟で。。。 ブヨ発生の可能性が高い状況にも関わらず、 対策なしでキャンプを強行し …

ガストーチでボヤ騒ぎ!?火の管理には要注意!

いつも楽しいキャンプですが、時には失敗もつきもの。 よしかずも先日のキャンプでは、 あわやボヤ騒ぎとなる大失敗をしてしまいました。   幸い大事にならずに済みましたが、 一歩間違っていたらと …