脱!初心者!よしかずのFamily Camp Life

キャンプ大好きよしかずが、初心者ファミリーのためにオススメのキャンプ情報をお伝えするブログ

アイテムのレビュー

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル レビュー

投稿日:2017年10月6日 更新日:

「キャンプをはじめた人にオススメする道具は?」と言われたら、
よしかずはたぶん、このユニフレームのファイアグリルを選びます。

それくらい優秀で優良なアイテムです。

ファイアグリルというのは、焚き火台のことです。
他にもファイアテーブルなど名称はメーカーによって異なります。

キャンプ場の地面で直接焚き火をしてしまうと、
芝や土がダメージを受けてしまいます。
そのためにこの焚き火台が必要になるわけです。

キャンプの魅力の一つが夜の焚き火ですから、
これはまさにマストアイテムと言えるのです。

キャンプの魅力については
MajiでKoiするキャンプの魅力」参照。

このユニフレームのファイアグリルは
「安い、頑丈、使い勝手が良い」と3拍子。

なかなかこんな物件はありやせんぜ、奥さん。
というわけで、キャンプをはじめた人に、
迷わずオススメする一品となっております。

 

ユニフレームとは

アウトドア用品の総合メーカーであるユニフレームは、
株式会社山越ワークスの手がける事業部門の一つです。
もともと業務用・家庭用調理器具や、
金属加工品の製造販売を行っていました。

その高い加工技術と知識を生かして、
1985年よりアウトドア業界に参入し、
今に至るまでに様々ヒット商品を生み出しています。

名前の由来は企業理念の
「ユニークな炎(フレーム)を創造する」から。

本社が金属加工の伝統の街である新潟県燕市にあるところからも、
製品へのこだわりと信頼性が伺えます。

よしかずも大好きなアウトドアブランドの一つです。
余談ですが、よしかずは「職人さん」というフレーズに、
勝手に尊敬してしまう人間です。

ユニフレームにはそんな職人魂感じてなりません。
粋な心意気がカッコいいブランドなのです。

 

ファイアグリル レビュー

このファイアグリルは、ユニフレームの大ヒット商品。
すでにユニフレーム=ファイアグリルみたいな気がします。
チョーヤ=梅酒みたいなもんです。

ではユニフレームのファイアグリルの良さをまとめていきます。

 

安さ

UNIFLAME公式サイトより引用

なんといってもありがたいのが低価格なこと。
このサイズで約7,000円前後で購入できるのは、
庶民サラリーマンよしかずには本当に助かります。

これのおかげで、焚き火にハマりましたから。

もちろん、他アウトドアメーカーでもファイアグリルの販売をしてますが、
高くて手が出なかったりするんですよ。

この価格ならはじめてでも買いやすいでしょ?

 

頑丈さ


UNIFLAME公式サイトより引用

高い金属加工技術が随所に散りばめらており、
よしかず家でもキャンプの最初期からレギュラー入り。

以来、不動の4番としてすでに40回以上は使い続けています。
でも、全く壊れそうにありません。

ちまたでは、100回使っても壊れないと聞きますから、
まさに鉄人です。

せっかく買ったのにすぐ壊れちゃうのは困るじゃないですか。
この信頼性がキャンプはじめての人にオススメできる点なんです。

 

使い勝手の良さ

UNIFLAME公式サイトより引用

上記の安さ、頑丈さにもかかわらず、
畳めばコンパクトになる設計だし、
自然と空気が流れる仕様になってるし、
持ち手が熱くないように工夫もされている。

数々の細かな配慮がなされていて、
本当に使い勝手が良い焚き火台です。

また、ファイアグリルだけでなく
バーベキューコンロとしても使えるように、
最初から網も付属されています。

この一台二役になる点も最初のうちに買うことをオススメする点です。
余計な出費や荷物のかさばりを減らしてくれますからね。

キャンプ道具を揃える時にコンロも買ってしまいがちですが、
このファイアグリルがあれば正直言って、
バーベキューコンロは必要ありません(爆)。

よしかず家にもバーベキューコンロがあるのですが、
グループキャンプの時ぐらいしか活用してないです(汗)。

→「実は不要!使わない、いらないキャンプ道具!

 

ダッチオーブンも乗せられる網(ヘビーロストル)や
専用の鉄板、収納ケース、ポットハンガーなど、
様々なオプションも販売されており、
これらを活用することでさらに用途が広がります。

ちなみによしかず家にはポットハンガー以外全部あります(笑)。
なぜなら、自作の焚き火ハンガーを愛用しているから。

→「おしゃれ!安い!簡単!焚き火ハンガーを自作しよう!

 

キャンプの夜の嗜みに焚き火は必須です。
もし、ファイアグリルで迷ったらこれにしておけば間違いないですよ。

UNIFLAME公式サイトはこちら







-アイテムのレビュー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Helinox(ヘリノックス)ブランドシリーズの特徴と一覧

Helinox(ヘリノックス)|アウトドアライン公式ブランドサイト by モンベルより引用 アウトドア好きなら誰もが知っているブランド 「Helinox(ヘリノックス)」。 デザイン性、超軽量、高強度 …

DOD バッグインベッド レビュー

doppelganger公式サイトより引用   以前「キャンプでのマル秘快眠テクニック 〜道具編〜」で少し紹介した、 DODのバッグインベッド。 だいぶ時間が経ってしまいましたが、 使い心地 …

DOD カマボコテント2 レビュー&入手方法

  よしかず家では2017年の秋に、人気のカマボコテント2をゲットしました! この新しいテントと共にキャンプを楽しんでいます。 今日はそんなカマテンのレビューと、 よしかずが行なった入手方法 …

SOTO ポケトーチ レビュー

キャンプの火起こしは避けては通れない作業ですが、 みんなは何で火をつけてますか? ライター?チャッカマン? もちろんそれらのツールでも火はつきますが、 キャンプシーンでは不便に感じたことないですか? …

INNO(イノー)ルーフキャリア 下調べ〜購入

  今日はキャンプ道具のレビューをお伝えします。 と言っても厳密にはキャンプ道具ではないんですけど(笑) INNOは日本のカーキャリアメーカーの老舗ともいうべきブランドです。 日本のメーカー …