脱!初心者!よしかずのFamily Camp Life

キャンプ大好きよしかずが、初心者ファミリーのためにオススメのキャンプ情報をお伝えするブログ

キャンプ場レポート

青野原オートキャンプ場 レポート

投稿日:2017年9月13日 更新日:

 

関東圏の人気キャンプエリア「道志」。
この道志エリアの入り口近くに構えるのが青野原オートキャンプ場。

早ければ都市部から1時間半ほどでたどり着くアクセスの良さと、
そのアクセスからは想像できない自然豊かなロケーションが特長です。

春にはサイト内の桜でお花見、夏にはそばを流れる道志川で川遊び、
秋には紅葉が色とりどりの色彩を見せ、冬には真っ白な雪景色と、
オールシーズンで楽しめる関東有数のキャンプ場です。

すでに我が家でも何度かリピートさせてもらっています。

 

また青野原オートキャンプ場は「道志の森キャンプ場」や
浩庵キャンプ場」と同じ予約不要の先着順フリーサイトですので、
予定が調整しやすいのも利点ですね。

先着順フリーサイトについてはこちら!
フリーサイトと区画サイトを比較!それぞれのメリット・デメリット!

 

今回はそんな「青野原オートキャンプ場」の感想・レポートとなります。

 

先日のレポートもぜひどうぞ!

初夏の青野原オートキャンプ場 2018年6月2日〜3日

 

 

青野原オートキャンプ場 基本情報

まずは基本情報です。
公式サイトはこちら

 

全体マップ

 

青野原オートキャンプ場 公式サイトより引用

 

 

料金(全て1日)

 

入場料大人(高校生以上)1人500円
 子供(小・中学生)1人200円
駐車料バス1台2,000円
キャンピングカー(大:5m以上)1台1,500円
キャンピングカー(小)1台1,000円
 軽・普通車1台500円
 バイク1台100円
テント1張り500円
 1張り100円
タープ 1張り500円
小屋使用料 1区画2,000円

 

青野原オートキャンプ場の料金はちょっと特殊です。
全て1日料金です。
そのため1泊2日でも倍の料金がかかることになります。

(例)大人2人、小学生2人、普通車でテント1つ、タープ1つで1泊2日だと…

入場料1,400円、駐車料500円、テント500円、タープ500円の
2日分なので、合計5,800円を支払う必要があります。

 

区画全てフリーサイト
区画数1500人収容可
駐車スペース自由
住所神奈川県相模原市緑区青野原918
電話042-787-0477
チェックイン8時〜
チェックアウト17時(夏季は18時まで)
利用期間4月1日から11月30日
(冬季も入場は可能だが、管理機能はなし。炊事場、トイレは使用不可)
予約不要(先着順)
レンタルなし
地面土、芝、砂利
ゴミ捨て不可
お風呂なし(コインシャワーあり、3分200円)
直火
花火

 

 

 

 

 

青野原オートキャンプ場の感想・レポート

 

アクセス ★★★★★

アクセスはかなり良いです。
冒頭でも記載したように早ければ、
都市部から1時間半で着くことも可能です。

実際よしかず家からは渋滞なしで1時間半です。

東京方面より道志みちに入ってすぐの場所にあるので、
カーブの厳しい山道を通らないというのも大きなメリットです。

老若男女問わず乗り物酔いしやすい人には、
ありがたいキャンプ場でしょう。

 

 

ロケーション ★★★★☆

前段の部分で触れたように、四季折々を楽しめるキャンプ場です。
残念ながら僕は夏場にしか訪れたことがないので、
桜や紅葉はまだお目にかかれてないのですが。

設営場所としてオススメなのは、Cサイト。
ついでB、E、D、Fの順かと思います。(マップ参照)
Aサイトはデイキャンプ用です。

 

理由は管理棟そばの炊事場とトイレが一番キレイなため。
その他は簡易トイレが多かったと思います。

また、川沿いの方が対岸を含めたロケーションを堪能できるので、
個人的にはオススメです。

特に春は桜の真下でキャンプができます。

ただ、メインの通りは割としょっちゅう車が通っているので、
小さなお子さん連れだと目を離した時に怖いかと。

 

 

トイレのキレイさ ★★★☆☆

トータルでは星3つの普通の評価です。

管理棟そばのトイレは掃除も行き届いていてキレイです。
臭いもそれほど気になりませんでしたし、ちゃんと洋式もあります。
真ん中には障がい者用のトイレもあります。

ただ前述したようにE、D、Fと奥に行くと簡易トイレや、
かなり古ぼけた小さなトイレしかなかったと思います。

そっちはちょっと抵抗がありますね。

 

 

炊事場のキレイさ ★★★☆☆

やはり管理棟そばの炊事場はキレイです。
それ以外には屋根付きの炊事場が3箇所ほどありますが、
老朽化が進んでいる印象でした。

 

 

料金 ★★★☆☆

ここの料金は特殊なので、使い方によるところもあると思いますが、
上記の例の1泊5,800円なら普通というところでしょう。

 

 

施設の充実度 ★★★★☆

管理棟では食料や氷、炭、薪、燃料、遊び道具など色々売ってます。

コインシャワーは使用したことがないので、
今度使ったら追記します。

あと、マスのつかみ取りができます。
1匹300円(最低3匹以上)。子供達に人気です。

とったマスは捌いて、直火で焼いて食べるとお子さんも喜びます。

川魚を美味しく食べよう!〜さばき方、焼き方、調理方法〜

 

 

 

大人の満足度 ★★★★☆

全てフリーサイトで先着順というのが評価が高いです。

予約が必要なキャンプ場だと人気のシーズンは、
2〜3ヶ月前から埋まってしまうこともザラです。
急に時間の都合がついたり、
ふと行きたくなった時などに青野原は最適です。

アクセスも良いですしね。

 

ただ、誰でも気軽に利用できるあまり、
地元のアホなお兄ちゃんが騒いでいる場合もあります。

こればっかりは運でしかないですし、
青野原キャンプ場だけの問題ではないんですけどね。

いつだったか、髪の毛金髪のお兄ちゃん達が、
シャコタンのヤン車で乗り込んできたことがあって、
賑やかにBBQしてました。

でも醤油だか塩だかを借りに来た時にえらい低姿勢でした。
人を見かけで判断しちゃいけないなと反省(笑)

とはいえ、若かろうが若くなかろうが迷惑かける人って
どうしてもいます(厄介なことに本人に自覚がない)から、
やっぱりこればかりは運でしょうかね。

 

 

子供の満足度 ★★★★☆

川遊びやつかみ取りなど、
子どもにとっても満足度の高いキャンプ場です。

 

ただ、上述の通り車の往来があるのでその点は注意。

空いてれば問題ないですが、
混んでる時はボール遊びとかは厳しいかもしれません。

 

また、サイトのそばを流れる道志川は川幅が広く、
急に深くなるところもあります。
条件によっては流れが急になる場合もありますので、
水辺で遊ぶ時はなるべくライフジャケットを着用するようにしましょう。
特に小さいお子さんは必須でお願いしたいです。

毎年、水の事故による痛ましい報道を目にします。
着用することで、万一の際の生存率が大幅に上がるのですから、
そう考えれば安い買い物でしょう。

 

 

周辺環境度 ★★★★★

車で少しいけばスーパーマルエツや入湯施設があります。
手ぶらで行って途中で買い出しなんてのもOKでしょう。
人里から近いので周辺施設はかなり近く便利です。

また場内の奥に滝が見れるスポットがあります。
片道20分くらい。
元々川だったような道なき道を行くのでかなり冒険感があります。

探検隊になったつもりで家族で行ってみるのも楽しいでしょう。

 

スタート付近の橋。この時は意気揚々の息子でしたが。。。

 

 

スタッフ対応度 ★★★★☆

運営組合のおばちゃん達かな?
交代で勤務されているようですが、みんな良い人たちでした。

 

 

リピート度 ★★★★☆

リピート度は星4つ。かなり高い評価です。
予約不要なので、よしかず家ではしょっちゅう候補に上がります。

 

 

総合評価 ★★★★☆

総合評価も星4つ。質の高いキャンプ場と言えます。
好ロケーション、好アクセスに加え、予約不要先着順のフリーサイト
というのが、いざという時に頼りになります。

また同じ道志でも「道志の森キャンプ場」と比べると、
やはりアクセスの良さでこちらに軍配が上がります。

同じ予約不要のフリーサイトなら「浩庵キャンプ場」もオススメ!

 

フラッと出掛けて、場所の確保ができたら友達を呼ぶ
なんて離れ業もこの青野原なら可能です。
(ちゃんと追加人数分の料金払ってね)

ちなみによしかずが5月に訪れた時は、
たまたま鮎の稚魚の放流の日で、
無料で子供達にもやらせていただきました。

こどもの日の大きな鯉のぼりも飾ってあったので、
この時期を狙って行くのも良いかもしれません。

子供とのキャンプ場での遊びはこちらもどうぞ。

 

 

先日のレポートもぜひどうぞ!

初夏の青野原オートキャンプ場 2018年6月2日〜3日

 

このレポート評価は管理人よしかずの個人的なものであり、全ての方に通ずるものではございません。また、キャンプ場を誹謗中傷するものでもございませんので、くれぐれもご了承ください。







-キャンプ場レポート


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

春の浩庵キャンプ場 2018年4月21日〜22日

ようやく行けました! 今季初キャンプ! 家族の予定が合わなかったり、天気が悪かったり。 なかなか機会に恵まれず、ようやくという感じです。 子供が大きくなってくると予定を合わせるのも難しくなってきますね …

つくば市豊里ゆかりの森キャンプ場 レポート

つくば市豊里ゆかりの森キャンプ場 公式サイトより引用 JAXAで有名なつくば市内にあるキャンプ場。 街の中にあるのでそれなりかと思いきや、公園の規模が大きいのと、 つくば市中心から離れるとのどかになる …

【関東近郊】安い!家族1泊4,000円以下のキャンプ場特集!

キャンプ場選びの基準として「1泊の値段」は、 大きなウェイトを占める部分かと思います。 キャンプは安く楽しめるのも魅力の一つ! それなのに家族で1泊1万円以上とか費用がかかってしまうと、 ちょっとお得 …

浩庵キャンプ場 レポート

  関東圏で最高クラスのロケーションを誇る浩庵キャンプ場! 抜けるような開放感と目の前にそびえる富士山が圧巻です。 キャンプマンガ「ゆるキャン△」で取り上げられたこともあり、 ゆるキャン信者 …

御殿場まるびオートキャンプ場 レポート

御殿場の富士山の裾野にあるオートキャンプ場。 富士の緑に囲まれ、周辺にも子供が楽しく遊べる施設が揃う、 良質なキャンプ場です。 標高が600mと高いところにあり木陰も多いので、 夏は涼しく過ごせるのも …