脱!初心者!よしかずのFamily Camp Life

キャンプ大好きよしかずが、初心者ファミリーのためにオススメのキャンプ情報をお伝えするブログ

キャンプ場レポート

稲ヶ崎キャンプ場 レポート

投稿日:2017年9月12日 更新日:

千葉県君津市にある「稲ヶ崎キャンプ場」。
亀山湖に隣接しているのでカテゴリーとしては、
「湖畔キャンプ」になりますが、こちらのキャンプ場から
湖で水遊びをすることはできません。

同じ湖畔キャンプでも浩庵キャンプ場とはちょっと違いますね。

 

もっぱら隣接しているボート乗り場を利用しての釣りがメインのようです。

稲ヶ崎キャンプ場はオートキャンプとフリーサイトに分かれており、
何よりも驚かされるのはそのコストパフォーマンスです。

 

なんとフリーサイトは1泊540円!

 

この値段はかなりのインパクトです。
10泊したって5,400円!当たり前か(笑)

でも、普通のキャンプ場なら1泊でこの値段ですから驚きです。

フリーサイトなりの不便さなどはありますが、
その価格のお手頃さも相まって最近では週末のフリーサイトは、
予約でいっぱいの状況が多いようです。

今回はそんな「稲ヶ崎キャンプ場」の感想・レポートとなります。

 

 

稲ヶ崎キャンプ場 基本情報

まずは基本情報です。
公式サイトはなく、君津市のサイトを間借りしているようです。
君津市公式ホームページ

 

全体マップ

 

オートキャンプフリーサイト
料金(一泊二日)3,150円540円
区画数21区画約10区画
駐車スペースサイト横付けキャンプ場駐車場

住所:君津市草川原866

電話:0439-39-3390

チェックイン:15時

チェックアウト:10時

利用期間:4月1日から11月30日

予約:要予約(電話予約)

レンタル:あり(毛布、バーベキュー用品、調理用品など貸し出しあり)

地面:芝

ゴミ捨て:可(無料、要分別)

お風呂:なし(コインシャワーあり、15時〜21時利用可能)

直火:不可

花火:禁止

 

 

 

稲ヶ崎キャンプ場の感想・レポート

 

よしかず家では過去に2回ほどお邪魔させていただきました。
1回目は家族で、2回目は2家族のグループキャンプで。

どちらもオートキャンプを利用したので、
コスパの素晴らしさを知りつつも、
フリーサイトは未経験です(笑)その理由も後ほど。

 

 

アクセス ★★★★☆

まずはアクセス。
地図で見ると遠く感じますが、アクアラインに乗ってしまえばすぐです。

そのため、神奈川県民のよしかず家にとってはかなりの好アクセス。
リピート率の高いキャンプ場=アクセスが良い
というのもあるかもしれませんね。

 

 

ロケーション ★★★★☆

周囲を山と湖に囲まれ、360度パノラマで
自然の美しさを堪能できるキャンプ場です。

キャンプ場全体の広さは普通レベルのため、
抜けるような開放感!とまではいきませんが、
十分に自然を楽しめリラックスできます。

また、場内もキレイに整備されており不快感はありません。

一緒に行ったご家族も
「近い!安い!キレイ!めっちゃいい場所!!」と喜んでました。

ただ、これはたまたまかもしれませんが、
グルキャンで借りた奥の区画(1番、2番)に大きなアリの巣があり、
撤収時にキレイにはらったつもりだったのですが、
数日間家の中でアリが発生するハプニングがありました。

まあ、時期的なものもありますし、よしかず的には些細なことですが、
気になる方は注意してください。

 

 

フリーサイト ★★★★☆

コスパ最強のフリーサイトですが、それなりに難点があります。
まずは、駐車場とフリーサイトの距離が遠いこと。
そしてその道のりの途中に坂道と橋があること。
炊事場とトイレが遠いことなどです。

リヤカーを貸してもらえますが、難所は途中の橋。
最悪、荷物が落っこちて水没なんてこともありえます。

フリーサイトの荷物の運搬は結構大変です。
初心者の方は最初はオートキャンプを選んだ方が良いでしょう。

フリーサイトスペースは亀山湖に突き出るような形をしているので、
オートキャンプよりも自然を満喫できる点は魅力ですが。

 


これが難所の橋。奥に見えるのがフリーサイト

 

オートキャンプ ★★★★☆

フリーサイトより値段は上がりますが、車はサイトに横付けできるし、
サイト同士は垣根によってプライベートを確保されていますし、
区画もなかなかの広さがあります。(公式ページでは35㎡と記載あり)

炊事場とトイレも近いですし、
最初はこちらを利用するのが無難でしょう。

 


なかなかの広さ

 

トイレのキレイさ ★★★☆☆

掃除は行き届いていますし、嫌な感じはないのですが。。。
如何せん経年による独特のトイレ臭はあります。

よしかずはちょっとあれが苦手なものでこの評価です。
でも汚くはないですよ。

あと、男女共に和式タイプなのが残念。
最近の子供は和式に慣れてないから、ちっちゃい子供は苦労するかも。

でも、トイレ棟の真ん中に障がい者用のトイレがあって、
こちらは洋式タイプになってます。

1つしかないですが、和式が苦手な方はこちらを利用すると良いでしょう。

 

 

炊事場のキレイさ ★★★☆☆

広いし屋根もあるし掃除も行き届いていてキレイです。

が!

なぜかここの炊事場は洗い場がびっくりするほど低く、
170cmという日本人標準身長のよしかずでも洗い物の後は腰にきます(笑)

なぜこの低さなんでしょうね?子供用なのか?
割り切って洗い物は子供担当にするのもありかもしれません!

 


幼稚園、小学生でちょうどいい高さ。。。

 

 

料金 ★★★★★

コスパは文句なしの星5つ!
フリーサイト1泊540円は破格の値段です。

フリーサイトが極端に安いので霞んでしまいますが、
オートキャンプの1泊3,150円もかなり安いです。

上述のサイト毎の特長を鑑みた上で、ご家族にあった方を選んでください。

 

 

施設の充実度 ★★★★☆

お風呂はありませんが、コインシャワーがあります。
このシャワー、温水式と書いてあるのですが、
よしかずが利用した時は水しか出ず。。。

時間外で利用したんだっけな?
気になる方は確認したほうがいいかもしれません。

管理棟は売店も兼ねているので、
炭、薪、燃料など簡単な消耗品等はこちらで購入が可能です。

 

 

大人の満足度 ★★★★☆

前述したロケーションの良さもあり、
自然を愛するよしかず的にはまずまずの満足度です。

アクセス良し、コスパ良し、ロケーション良しのキャンプ場ですから、
一度は訪れても間違いはありません。

唯一、よしかず奥様が早朝、亀山湖の釣り人の話し声で目が覚め、
その後もうるさくて眠れなかったことがありました。

キャンプ場とは直接関係ないだけに残念ですが、
そのために星4つの評価としました。

もうちょっとマナーを守って欲しいもんですよね。

 

 

子供の満足度 ★★★★★

場内には滑り台とじゃぶじゃぶ池があり、
子供達はここが大のお気に入り。

6歳の娘は、今だに一番好きなキャンプ場を聞くと「滑り台のキャンプ場」。
すなわちこの稲ヶ崎キャンプ場と言います。
まだまだ遊具が楽しい年頃なんでしょうね。

そう言えば、はじめてキャンプ場でお友達ができたのもここでした。

キャンプ場に滞在中の子供達はたいていここで遊んでますので、
子供達の満足度はかなり高いです。

 


子供達に人気の滑り台とじゃぶじゃぶ池

 

周辺環境度 ★★★★☆

スーパーや商業施設などは近隣になく、
久留里駅周辺まで行く必要があるので買い出しは必須です。

代わりと言ってはなんですが、
車で15分ほどの場所に「濃溝の滝」があります。

ここは最近Instagramで取り上げられるようになってから、
一躍脚光を浴びるようになったそうで、
よしかずが訪れた際には観光バスも来ていました。

でも、ちょっとした見物にはちょうどいいですよ。
よしかず達はチェックインまでの時間つぶしにぶらりと寄ってみました。

インスタ映えもしますしね(笑)

また、周辺環境というには遠いですが、
はじめてこのキャンプ場を利用した時は鋸山にも登ってきました。

 


濃溝の滝。神秘的でした。


鋸山の地獄のぞき

 

 

スタッフ対応度 ★★★★★

管理人のおじさんがめっちゃいい人です。
一人で運営してるのかな?いつもいます。

ちなみにこのおじさんにお願いすると、正式なチェックインは15時なのに
「12時ぐらいから来ていいよ」と言ってくれます。
いつもそうとは限らないのでそこはご確認を。

スタッフさんの人柄がいいキャンプ場はリピート率も高いですよね。

 

 

リピート度 ★★★★★

というわけでリピート率は5つ星の満点です。
よしかず家もリピートしてますしね。

サクッとキャンプに行きたいなと思ったら、
本当に行きやすいキャンプ場だと思います。

リピート率の高いキャンプ場といえば、あとは
「道志の森キャンプ場」「浩庵キャンプ場」あたりですね。

 

総合評価 ★★★★☆

で、総合評価は限りなく5に近い星4!

なぜかと言われると困るところなんですけど、、、
強いて言えば「お手軽」すぎるというのかな。

よしかず的にはもうちょっとがっつりしたキャンプ場が好きで、
でもそれは気分とか季節によって変わるわけで、
この評価もひょっとしてそのうち変わるかもしれない。。。

なんて思ったり思わなかったり。

とにかく今日の気分は4!ってことです。
限りなく5に近いね(笑)。

稲ヶ崎キャンプ場はこちらにランクインしています。
他にも安いキャンプ場が載っていますので、ぜひどうぞ!

 

このレポート評価は管理人よしかずの個人的なものであり、全ての方に通ずるものではございません。また、キャンプ場を誹謗中傷するものでもございませんので、くれぐれもご了承ください。







-キャンプ場レポート


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【関東近郊】安い!家族1泊4,000円以下のキャンプ場特集!

キャンプ場選びの基準として「1泊の値段」は、 大きなウェイトを占める部分かと思います。 キャンプは安く楽しめるのも魅力の一つ! それなのに家族で1泊1万円以上とか費用がかかってしまうと、 ちょっとお得 …

初夏の青野原オートキャンプ場 2018年6月2日〜3日

お天気に恵まれた6月最初の土日。 初夏の日差し溢れる中、青野原オートキャンプ場に行ってきました。 澄み渡る青空と新緑の緑が素晴らしく、 最高のコンディションで1泊2日を楽しんできました! 今回はキャン …

オレンジ村オートキャンプ場 レポート

千葉県の南房総にある素朴でゆるーい感じのキャンプ場です。 ここの最大の特徴は、キャンプ場内に大きな農園があること。 キャンプをしながら、みかんをはじめとした季節の味覚の収穫ができます。 いわゆる高規格 …

白州・尾白の森名水公園「べるが」尾白の森キャンプ場 レポート

久しぶりに新しいキャンプ場に行ってきました。 その名も尾白の森キャンプ場! 「尾白」と書いて「おじら」と読みます。 白州・尾白の森名水公園「べるが」 (長いのでよしかず家は「べるが」と呼びます。) の …

道志の森キャンプ場 レポート

  言わずと知れたキャンパーの聖地「道志の森」。 今さら僕が紹介するまでもなく、 誰もが知っている有名なキャンプ場ですが、 それ言っちゃうとアレなんで(笑)。   よしかず家も大の …