脱!初心者!よしかずのFamily Camp Life

キャンプ大好きよしかずが、初心者ファミリーのためにオススメのキャンプ情報をお伝えするブログ

キャンプ場レポート

秋の道志の森キャンプ場 2017年11月11日〜12日

投稿日:2017年11月16日 更新日:

今期最後のよしかずキャンプは、念願だった紅葉の道志へ。
今回も道志の森キャンプ場にお世話になってきました。

見頃のピークはちょっと過ぎてたけど、美しい秋の自然を堪能。
天気も良好で濃密な1泊を楽しむことができました。

道志の森キャンプ場の基本情報はこちら

ちなみに道志の森キャンプ場は例年11月中旬を過ぎると止水となり、
炊事場やトイレが使えなくなりますので要注意。
(簡易トイレは使用可能)

この時期に訪れる場合はキャンプ場に確認をとりましょう。

 

美しい紅葉を堪能

よしかず家ではおなじみの道志の森キャンプ場ですが、
紅葉の時期に訪れるのは実ははじめて。

避暑に最適なので、ついつい夏に利用してしまうのです(^_^;)

冒頭で触れた通り、見頃はおそらく1週間前。
少し葉が変色していたり、散っていたりしました。
度ピークの紅葉を見るのは難しいですね。

それでも、眼前に広がる紅葉の赤や黄色の色とりどりの世界は、
それは美しいものでした。本当に日本に四季があってよかった。
日本に産まれたことを感謝!

 

 

サイトを埋める落ち葉の絨毯も、
風情があってこれまた良い!

秋の道志は本当にオススメです。
キャンプにハマったら一度は訪れてほしいです。

キャンプの魅力についてはこちら

 

紅葉シーズンにオススメの場所

道志の森キャンプ場は敷地が広いことで有名です。
まだよしかずも全容を掴みきれてません(笑)

夏場は天然プールもあることから、
プール周辺かもしくはプール近くの橋を渡った辺りがおすすめでした。
基本情報参照。

では、秋の紅葉を楽しむにはどこが良いか?
マップと合わせて説明します。

 

駐車場広場より下

まず紅葉シーズンにおすすめしたいのは、
道志の森キャンプ場の下の方。

場所を指し示すのに「下」ってのは変な表現か(笑)
入ってきて手前の方と言えばいいでしょうか。

このエリアは紅葉シーズンに色づく木々が多く、
全体的に紅葉があってオススメです。
もちろんサイトによって善し悪しはありますが。

今回よしかずがサイトを構えたのもここ。
手前ほどサイトが埋まっていて紅葉もきれいでした。

このエリア、実はよしかずもわかってなかったのですが、
新設されトイレや屋根付きの炊事場があり、
機能面でも全く問題ありませんでした。

プール目的でなければ、夏もいいかもしれん。

 

管理棟下

管理棟下は車で入るのに2つのルートがあります。
一つは管理棟の横にある小さな道を入っていくルート。
管理棟の建物をトンネルのようにくぐっていく道です。

川沿いに下っていくと駐車場広場下あたりまでいけます。
メインのエリアと川で区切られているためプライベート感があり、
こちらもオススメ。

トイレや炊事場は人が渡れる橋が架かっているので大丈夫です。

もう一つは、駐車場広場上の細い脇道を入っていく場所。
ここを入って行くと、お風呂場(廃屋のような。。)
のあたりまで辿りつけます。

プール周辺

安定と信頼のプール周り。
ところどころにもみじがあり、ここでも紅葉を楽しめます。

空が広く開放的なので青空と紅葉のコラボレーションも、
なかなかGOODです。
上記の2つのエリアに比べると、紅葉の数は少ないです。

 

 

秋の空気を楽しもう

紅葉ももちろんですが、秋の空気感も存分に楽しめました。
夏の暑い時期のアクティブな感じも好きですが、
秋のひんやり凛とした空気もとても気持ちよい!

何をするにも快適だし、
暖かい飲み物やたき火のありがたさも身に沁みます。

また、夏と違ってプールや川遊びができない分、
サイトでまったりしたり、あてもなく場内を散歩したり。
大人にとっては有り難い(笑)

なんだかすごくのんびりした濃密な1泊2日でした。

 

秋の味覚が絶品

食欲の秋ですから、食事も存分に楽しみました。
でも、難しいことは何にもしてないです。

お昼はシャケの炊き込みご飯と豚汁、おやつに焼き芋、
夜は鳥白湯(パイタン)鍋、
朝はホットサンドとイングリッシュマフィン。

全部美味かった。本当に最高でした。

ちなみによしかず家のキャンプには、
イワタニのカセットコンロが必需品!
いつも家族みんなの胃袋を満たしてくれます。

イワタニ カセットフー マーベラス レビュー

 

今のところ、キャンプ飯はよしかず奥様が担当してくれています。
前日までに野菜のカットや煮込む作業をしておいてくれたおかげです。
奥様ありがとう。外で食べるご飯はやっぱり美味いです。

 

秋の夜長でたき火を楽しむ

子供達は日中のはしゃぎ疲れで早々に就寝。
我々夫婦は、焚き火で暖をとりつつまったりタイム。

よしかず家では、安定と信頼のユニフレーム ファイアグリルを使用。
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル レビュー」参照。

ウィスキーのお湯わりが進む進む(笑)。

1〜2時間くらい焚き火を楽しんだと思いますが、
後半の記憶が全くありません(笑)。

夜はサイトの周りをきちんと片付けましょう。
キャンプ場でのルール。寝る前にサイトを片付けよう。」参照。

でも、途中トイレに行った際に流れ星見たのはハッキリ覚えています。
すごいキレイでした。

 

寒暖差に注意

秋の道志はやっぱり寒かった!
とにかく昼と夜の寒暖差が凄まじいです。

昼は15度、夜は6度と約10度の差。

日中は長袖とパーカーでもOKですが、夜はとんでもないです。
ちなみによしかずの夜の服装が以下です。

〈上〉ヒートテック肌着、長袖シャツ、ネルシャツ、パーカー、冬物ダウン〈下〉ヒートテックタイツ、コーデュロイパンツ
〈その他〉ネックウォーマー、手袋、ニット帽

これにブランケットを足にかけて、焚き火の前でちょうどいいくらいです。

いかに寒いかがわかりますでしょうか。
秋春(当然冬も)キャンプは、
いくら日中が暖かくても防寒対策をしっかりしましょう。

特に標高の高い場所なら尚更です。

 

新アイテム「カマボコテント2」デビュー

なんと!

 

よしかず家はあの!

 

現在人気の!

 

入手困難の!

 

「カマボコテント2」をゲットしてしまいました!

 

 

すみません。
ちょっと自慢してしまいました。

このカマボコテント2を入手したから、
秋の道志を計画したようなもの。

なかなかの使い心地でした。詳しくは
ドッペルギャンガー カマボコテント2 レビュー」へ。

兎にも角にも本当に濃密で素敵な1泊キャンプでした。
道志の森は朝から入場できて昼にチェックアウトなので、
ゆっくりできるのもメリットですね。

同じく秋キャンプでは浩庵キャンプ場もよかったです。
秋の浩庵キャンプ場 2017年10月7日〜9日」参照。

よしかず家の今年のキャンプは全行程をこれで終了。
今年は8回。よく行ったな、我ながら(汗)。
やっぱりキャンプはいい。

キャンプの魅力は「MajiでKoiするキャンプの魅力」をどうぞ。







-キャンプ場レポート


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浩庵キャンプ場 レポート

  関東圏で最高クラスのロケーションを誇る浩庵キャンプ場! 抜けるような開放感と目の前にそびえる富士山が圧巻です。 キャンプマンガ「ゆるキャン△」で取り上げられたこともあり、 ゆるキャン信者 …

稲ヶ崎キャンプ場 レポート

千葉県君津市にある「稲ヶ崎キャンプ場」。 亀山湖に隣接しているのでカテゴリーとしては、 「湖畔キャンプ」になりますが、こちらのキャンプ場から 湖で水遊びをすることはできません。 同じ湖畔キャンプでも浩 …

春の浩庵キャンプ場 2018年4月21日〜22日

ようやく行けました! 今季初キャンプ! 家族の予定が合わなかったり、天気が悪かったり。 なかなか機会に恵まれず、ようやくという感じです。 子供が大きくなってくると予定を合わせるのも難しくなってきますね …

青野原オートキャンプ場 レポート

  関東圏の人気キャンプエリア「道志」。 この道志エリアの入り口近くに構えるのが青野原オートキャンプ場。 早ければ都市部から1時間半ほどでたどり着くアクセスの良さと、 そのアクセスからは想像 …

初夏の青野原オートキャンプ場 2018年6月2日〜3日

お天気に恵まれた6月最初の土日。 初夏の日差し溢れる中、青野原オートキャンプ場に行ってきました。 澄み渡る青空と新緑の緑が素晴らしく、 最高のコンディションで1泊2日を楽しんできました! 今回はキャン …